自分の生き方や大切な人の存在



もちろんこの大きな自然災害で直接被害を受けてしまった方の生活はがらりと変わってしまったと思います。 今もなお悲惨で不便な避難生活を続けている方もいるでしょう。 その人たちと比べることは恐れ多くてできませんが、少なからず直接的な被害を受けなかった人たちにも大きな影響をこの大地震は与えました。 個人的にはやはりこの先何があるかわからないということを確認するいい機会になりました。 日本の映画やホームドラマ、誰かの心に残るバラードの歌のように毎日を一生懸命生きることは簡単なようですごく難しい事です。 それをわかっていながらなんとなく毎日を繰り返してしまっている方がほとんどなのではないでしょうか。 そんな中、近くにいる家族の存在や幼い頃からの友人や大切に思う人をこのようなことがあって考えることができました。 実際にはこのような地震や災害がなかったら、本当は感じなかったことかもしれません。 きっといくら大切に思ったとしても、それでも心情的に足りないのでしょう。 ただ、何もなかったよりは暖かさや温もり、安心感に気が付けた事は良かったのではないでしょうか。
JCBカード現金


何かあったときの行動がイメージしやすくなった



今回のような取り返しのつかない最大規模の大災害はできることならもう二度と起こってほしくないと願います。 それでも万が一同じような空前絶後の転覆するような首都圏の大地震が起こったらと過度に心配して考えてしまいます。 しかし、それが以前よりも頭の中でイメージがしやすくなったと言えるでしょう。 大切な血の繋がった家族の守り方や、真っ先にしなくてはいけないこと、忘れずに投資でも準備しておきたいものなどを考えることで被害を最小限に抑えることができるのかもしれません。 それでもただ不安を煽るだけの広告メディアの巨大地震に対する節操のないテレビ番組や被害者の取り上げ方などは、あまり良いと言えるものではありません。 そういった意味でも何が正しくて、何がおかしいのかを再度確認できる機会にもなったのかもしれません。 頭でっかちの東大出身の閣僚の政府の対応に、抑えきれない連続した怒りを覚えた方も多くいたでしょうし、福祉団体による短期間のボランティアを初めて行ったという初心者の方もいます。 善意のお金の街頭寄付や真心の募金を初めて自発的にした方もいますし、世界中からの暖かい大量の嬉しい物資の支援が空輸で送られました。 このようなことがなかったら考えることもなく見えなかったことがたくさんあったのです。 できれば今後は同じことはあっては欲しくはない願いなのですが、東日本大震災の地震や災害で得た苦い経験を活かさなくてはいけないこともたくさんあります。

復興バブル
マスコミの報道
離婚と結婚